SSブログ
展覧会・ギャラリー ブログトップ
- | 次の10件

「廣澤美術館」へ行ってきました〜!! [展覧会・ギャラリー]

昨日はノン・ブラック会員8名で最近、筑西市に出来たうわさの豪華版個人美術館「廣澤美術館」へスケッチ会を兼ねて出かけました。

筑西市には既に市立の「下館美術館」があり、これまで何度か出かけましたが、廣澤美術館はこれとは全く比べ物にならないほどスケールが桁外れ?! 美術館全域がまるで一つの街を形成しているような広大なエリアに存在しておりました。

企業経営で財を成したオーナーの廣澤清氏が一念発起して2021年1月にオープンさせたもので、水戸市には同オーナーの名前を冠した「ザ・ヒロサワ・シティ会館」(県民文化センター)がありますが、これはほんの一例で筑西市が廣澤氏の本拠地なのです。

左手前方に見える大屋根は著名建築家・隈研吾氏が手がけた本館で、こちらでチケットを購入します。園内には様々な巨石、珍石が要所、要所に積み上げられるなど、その財力には圧倒されました。

IMG_1509.jpeg

IMG_1535.jpeg

本館に入るとこんな感じで、目の前には見事な庭園が広がっています。

IMG_1510.jpeg

ロビー越しに見える水辺と広いテラスには椅子やテーブルが配置され、まさにこの世の極楽浄土? 廣澤氏にとっては庭園もアートの一部なのかも。

IMG_1512.jpeg

IMG_1523.jpeg

以下、各セクション毎に独立した展示棟を庭園と併せて巡っていきます。油彩画では土浦市出身で日本芸術院会員・鶴岡義雄氏による大規模個展を開催中でした。

IMG_1514.jpeg

他には彫刻館(金属、石材、木材)、陶芸館(人間国宝の作品も) 、歴史館など様々なジャンルの展示棟があり、順次巡り歩いてきましたが、中には蝶々やカブトムシの標本を集めた「ちょうちょ館」も。

IMG_1556.jpeg

IMG_1528.jpeg

こちらは金属部品を継ぎ合わせて作り上げた私好みの複雑系?立体オブジェ。

IMG_1539.jpeg

蝶々や昆虫の標本もずらり〜!!

IMG_1541.jpeg

IMG_1545.jpeg

屋外にも作品が鎮座して野外ギャラリーを構成しているのでした。

IMG_1561.jpeg

IMG_1567.jpeg

昼食は隣接する「下館パークゴルフ場」のリッチな雰囲気のレストランで。同美術館にもあるのですが、結構な値段なので、こちらで幾分安く済ませることが

IMG_1563.jpeg

帰途、「道の駅・グランテス」に立ち寄ってお土産をゲット。皆さんの足手纏いにならなければと危惧しておりましたが、何とか楽しい時間を共有できて幸いでした。

もう一度行きたいかと聞かれたら?・・正直なところ今回だけで十分です。(^O^)

nice!(0)  コメント(2) 

「ノン・ブラック女流展」にて [展覧会・ギャラリー]

今日は午前中、昨日から始まった「第37回ノン・ブラック女流展」を見に行きました。

会場にはノン・ブラックの誇る女性会員を中心に意欲的な作品が勢揃い!!

7月開催の「ノン・ブラック展」は、賞が絡んでいるので気合の籠った作品が中心なのですが、「女流展」の方は肩の力を抜いた遊び心溢れる作品揃いで、と〜ても楽しいひと時を過ごす事ができました。

IMG_1241.jpeg

早速、「SONO仲間3人衆」の作品から見ていきましょう!

井手榮里子さんは、F50号の「面構一亜」と「面構一阿」という意味不明なタイトルの不思議なアクリル画。 今度会った時に説明して貰おうかな。

IMG_1230.jpeg

田邊幸子さんは病気療養中にも関わらず、愛娘・あかりちゃんをモデルにした水彩画(かな?)「染井吉野」 (F30号)を出品されました! yukiyさん頑張りましたね。

IMG_1221.jpeg

一方、岩川みゆきさんは、これまでの花中心から一転、メルヘンチックな水彩画(F30号)を出品されました。

IMG_1220.jpeg

三者三様の作品はこの後「招待作家」として「SONO仲間アート展2023」にも登場するので〜お楽しみに。


この他、私好みの作品をピックアップしていきますね。

若手のホープ・八木奈津実さんの「恵まれた(1)(2)(3)」(各F30号)が何ともユニーク! 右端の作品を拡大すると・・

IMG_1223.jpeg

わお〜!文字がびっしり描かれていたんですよ。凄い発想ですねえ!

IMG_1224.jpeg

こちらは猫大好きの岡村恭子さん。猫ちゃんの九変化をユニークなタイトルと共に出品されました! 年齢を全く感じさせない発想と描写力が素晴らしい〜!!!

IMG_1225.jpeg

矢島千加さんの妖艶な作品「Doll 1~2」は、益々進化しちゃって凄いことに!?

IMG_1232.jpeg

ガラッと変わって、こちらは日本調・須賀好子さんの「舞妓さんのえりあし」(左)と「店だしの日」。なんともゴージャスな作品ですねえ!

IMG_1234.jpeg

他にも若手のユニークな作品がワンサカで、とても紹介し切れないほど。

会場には写真や陶芸・工芸作品が並び、そして一番奥の中央には・・・?

IMG_1245.jpeg

特別出品「シャガールとの饗宴」縦1.7x横1.2mの作品が鎮座。SMサイズのキャンバス49枚で構成された、女性会員たちによる共同制作作品なのでした。

IMG_1222.jpeg

本展は10月31日まで、AM10~PM5時に水戸市千波町の「ザ・ヒロサワ・シティ会館」で開催中です。ぜひこの機会にお見逃しなく。

nice!(0)  コメント(4) 

「SONO仲間アート展」のチラシが出来ました〜!! [展覧会・ギャラリー]

「SONO仲間アート展」のチラシ印刷が届きました〜!

出品者が若干入れ替わり、最終的には初参加2名、招待作家5名を含む23名となりました。画像をクリックするとクリアーに見えますよ。

IMG_0862.jpeg

今週の野外スケッチ会に参加されたお仲間には現地で配布します。10/13(金)は今のところお天気マークなので開催出来そうです。^_^

11/3(金・祝)10〜12時の教室時に出品の相談会を行いますが、都合の悪い方が多い場合は11/17(金)10〜12時に会場を追加予約しますので、早めにグループLINEでお知らせ下さい。

nice!(0)  コメント(2) 

水戸市植物公園の初秋展へ [展覧会・ギャラリー]

先週の「双風展」の疲れがなかなか取り切れず体調がイマイチでしたが、こちらのお知らせを頂いていたので思い切って出かけてみました。

IMG_0402.jpeg

この展覧会がきっかけで、4年前から会場となる水戸市植物公園へ年一回は出かけるように。ひたち海浜公園とはまた異なる私好みの魅力あふれる都市公園です。

IMG_0399.jpeg

IMG_0355.jpeg

景色を愛でながら園路を10分ほど歩くと、会場の「植物園」に到着。入口にはノン・ブラック写真部会員で親戚の加藤 泉さんが待機中。彼の案内で緩いスロープに沿った会場を巡りました。

IMG_0369.jpeg

今回で7回目だそうですが、水戸三中の同窓生と恩師だけでアートな繋がりを持てるなんて素晴らしい!

こちらは加藤さんの作品。ノン・ブラック展に出品しているのとは異なり、花と植物が満載な作品でした。

IMG_0356.jpeg

今回のテーマ「煌(きら)めき」をイメージした作品。メンバーさんが描かれた似顔絵も添えられていますが、彼はもっと細顔だよね?

IMG_0379.jpeg

萩野谷恵子さんはボタニカルアートのベテラン。彼女の作品に惚れ込んで、市民交流センターの「何でもアリーナ」には2度も出品して頂きました。あいにく今日は不在で残念。

IMG_0367.jpeg

IMG_0371.jpeg

こちらの油絵(〜かな?)は荻沼佳代子さん。縦長の額と調和して何とも言えない癒し系の作品です。

IMG_0377.jpeg

IMG_0384.jpeg


永井恵子さんはハワイのキラウエア火山噴火口にだけ咲くという「レフア」の花をイメージした見事なキルト作品で。

IMG_0382.jpeg

IMG_0381.jpeg

 こちらの怪しげな写真は、漢方薬の原料となる昆虫や植物だそうな。出品されたのは水戸市本町にある漢方薬専門店・五藤薬局の当主・上田洋一さん。ノン・ブラック展にご夫婦で来られた際にお話しさせて頂いたのですが、残念なことに今年1月に他界されました。もっと漢方薬のことをお聞きしたかったのに残念。(涙)

IMG_0358.jpeg

会場を出て元の道を戻るまで、すっかり癒されてしまいました。

IMG_0390.jpeg

IMG_0391.jpeg

IMG_0392.jpeg

今年最大のイベント「双風展」が好評裡に終わってホッとしましたが、何故か体調が元に戻らず参っています。11月には「SONO仲間アート展2023」が控えているけど、私的には"阿部さんロス"のせいか、スッキリしない毎日です。何とか立ち上がらないと。帰宅後、気がつけば3時間近く爆睡してしまいました。(笑)

nice!(0)  コメント(2) 

「第10回双風展」が始まっています! [展覧会・ギャラリー]

今日は早くも4日目、明日は千秋楽となります。そんな私は2日目と3日目(昨日)の二日間当番をやってきましたで、展示の様子をざっとご紹介しましょう。


一番奥のB、C展示室の前に「双風展」の看板があり、ここから入ると矢島千加の妖しい女の情念を描いた「Prism」「DOLL」シリーズがお出迎え。

IMG_0261.jpeg

IMG_0293.jpeg

左手の「C室」から時計回りに見ていきましょう!

最初に目に入るのは、仁平ケイ子による”チベット仏教の神秘世界”を描いた大作シリーズ全12点!鮮烈な”赤”が効果的に多用されています。

IMG_0269.jpeg

IMG_0284.jpeg

さらに進むと満仲俊夫の迫力満点な仏像の世界〜全5点。木彫あり、ブロンズありと、まるで立体曼荼羅を垣間見るような不思議な気分に。

IMG_0285.jpeg

正面の壁には村田京子の”おばあちゃんシリーズ”全7点が。中でもこちらの3点「老いの形」はジャコメッティの彫刻のようにストイックで私好みです。

IMG_0286.jpeg

さらに進むと、環境破壊に対するメッセージを訴える作品を発表してきた大石展子代表の大作が5点。こちらは「共生」という作品で縦1.83x横3.64mもある超大作です。

IMG_0264.jpeg

次に右手の「B室」に入ります。こちらは初参加の若手・八木奈津実の作品のうち最も大きい「富岳」(縦1.82x横5.46m)で、葛飾北斎の名作を手本にしてコロナ禍への風刺をユーモラスに表現したもの。ポップ調で大胆な発想のせいか大人気でした!!(サイン会とか握手会なんかやったら長蛇の列ができたかも?)

IMG_0275.jpeg

B室正面には照沼恵子のライフワーク「バリ」の祭りや神秘的な森を描いた5部作。

IMG_0289.jpeg

そしてこちらには、恥ずかしながら私の作品「OLDIES but GOODIES(我が心の軌跡)」シリーズ7点が!

多分5歳ぐらいの頃、ハイカラ好みの祖父に連れて行かれた映画館で初めて見た〜当時としては珍しいカラー映画が、後にあの肉体派女優・マリリン・モンロー主演の映画「帰らざる河」だということを知り、そんな奇異な思い出が引き金となってこのシリーズに繋がったもの。まるで〜”5歳児の魂、70代までも”?

幼少時はすごく貧乏で、スポーツは苦手だったし、何の取り柄もなかった私が、どうしてこんな”絵描きオヤジ”になっちゃったの?辛いことばかりだったけど、それでも昔は良かったかなあ〜?

同世代と思われるご婦人方からは「どれもこれもすごく懐かしいわ!」「あの頃にタイムスリップしたようなノスタルジックな気分になりました」な〜んて甘〜い感想を頂戴しました。中には当時大ヒットした和製ポップスの先駆け〜ザ・ピーナッツの「振り向かないで」を口ずさむ方も。

IMG_0272.jpeg

私の隣には初参加・須賀好子の着物美人シリーズが!特に真ん中の群像「ひとやすみ」は画面からヒソヒソ会話が聞こえてきそうで良い感じですねえ。ファンクラブが作れそうなぐらいの千客万来でした!

IMG_0292.jpeg

最後は櫻井敏幸による”土偶シリーズ”。「土偶漫才 なんでやねん」とか「姦し(かしまし)土偶」な〜んて愉快なタイトル付きでした。

IMG_0288.jpeg


初日に茨城新聞社の取材があり、翌日早くも掲載された記事をご参考までに。

IMG_0268.jpeg


私は今日は当番をお休みしてデスクワークに励んでいます。明日は搬出があるので出動しないと。高速道を使えば北茨城市まで1時間程度で着くのですが、半病人の身では自信がないので一般道を利用して2時間ちょっとですが、通勤ラッシュを覚悟しなければなりません。いずれにしても絵描きは体力勝負ですね。

nice!(0)  コメント(0) 

第10回双風展の搬入 [展覧会・ギャラリー]

今日は朝から北茨城市の県立天心記念五浦美術館で第10回双風展」の搬入作業を行いました

「双風展」作品の主体はノン・ブラック絵画部の精鋭約10人が制作した洋画大作。通常、プロの作家による企画展などで使用されるスペシャルな大型展示室を、我々のようなアマチュア絵描きが使えるのも、ノン・ブラック創設者の故・斎藤義孝先生の御尽力の賜物で、2001年から隔年開催されてきました。途中コロナ禍や美術館の空調機トラブルにより延期となったり、9回展のみ日立シビックギャラリーでの緊急避難的?開催もありましたが今回で21年も続いており、私は第1回展から連続参加しています。

IMG_E0224.jpeg

IMG_E0225.jpeg

ノン・ブラック洋画部の出品者10名のうち8名と、会員や家族のお手伝いを含む14名が集合。チャコさんとSONO仲間の井手さん、岩川さんも。

先ずは昨夕「村松コミセン」で「日通」のトラックに積込んだ膨大な数の洋画を、搬入ヤードから広々とした「展示室B」「展示室C」に移動。レイアウト計画に従って作家毎に並べるところからのスタートです。

高さ6mもある天井のピクチャーレールに、2階建てのヤグラに乗ってワイヤーを吊り下げる作業は、メンバーの高齢化に伴い「日通」のプロに依頼しました。6年ぶりに見る特別な光景でした!!

IMG_0198.jpeg

半病人の私がヨロヨロしながらも2年がかりで制作したF100号の大作7点が広い会場で初めて勢揃い!!なかなか壮観なものです。私はこのシーンが見たいばかりに大作を制作し続けているのかもしれません。

IMG_0199.jpeg

慣れない作業などは、会員同士で助け合う場面も。

IMG_0200.jpeg

IMG_0206.jpeg

ワイヤーが下がったら作品の吊り下げ作業に。作品が重いので二人作業で。女性も貴重な戦力です!

IMG_0202.jpeg

IMG_0203.jpeg

こちらは「展示室C」の様子。スポットライトの調整で完了ですが、高所作業となるためプロにお任せ。

IMG_0217.jpeg

私の作品が展示された「展示室B」の作業が見事に整いました!

IMG_0222.jpeg


会期中、私は8/31(木)と9/1(金)、9/3(日・最終日)に会場に詰めております。遠隔地での開催となりますが、皆様のお越しをお待ちしております。

詳しくは本文冒頭のチラシでご確認ください。

nice!(0)  コメント(0) 
- | 次の10件 展覧会・ギャラリー ブログトップ