SSブログ
前の10件 | -

2024年6月の「SONO仲間ペン淡彩画教室」 [アート・カルチャー]

今日は、あいにくの梅雨空の中16名のお仲間が集まり、教室は熱気ムンムン!!

IMG_4924.jpeg

今月のテーマは「世界の民芸品を描こう!」ということで、様々なモチーフを持参して取り組んで頂きました。

IMG_4929.jpeg

IMG_4927.jpeg

それでは皆さんの出来栄えを見ていきましょう!

1)根本はるみさんは〜官能的な”木彫りの女性像”で。この手のものはバランスが難しいので、描き直して頂きましたが・・。

IMG_4937.jpeg

2)薗部美子さんは”インドのシバ神のブロンズ像”。面倒な線描きがほぼ終わったので、仕上がりが楽しみ。

IMG_4938.jpeg

3)鹿志村友子さんは”白い張り子の玩具”に挑戦!白の表現は影となる部分を、薄めのウルトラマリンで軽く染めるようアドバイス。うまくいったようですが、サインにも十分気配りして下さいね。

IMG_4939.jpeg

4)大村清子さんは、ペルシャ系?の豪華なラクダ人形に挑戦!如何にも私好みなので、ついついお節介してしまいました・・。(汗)

IMG_4945.jpeg

5)鈴木明子さんはガチョウ?の置物で。今にも鳴き出しそうな様子で、いい感じですよ。

IMG_4934.jpeg

6)長尾帝子さんは、木彫りのミミズク〜かな? 暖かみがあって良い出来栄えですよ。

IMG_4940.jpeg

7)高屋敦子さんは、幾何学模様の入ったリッチな財布などを。模様を凹凸に沿って細部まで丁寧に描き込まれ、実に見事な出来栄え! 面倒臭がりな私には、とても真似ができませぬ。(汗)

IMG_4931.jpeg

8)飯泉みつるさんは、面倒なアンチィークの原付自転車をしっかり線描き!このままでも完成ですが、軽く彩色してもオシャレですよ。

IMG_4941.jpeg

9)伊藤幸子さんは、タイのブロンズ女神像で。紙面の余白が目立つので、も少し膨らませて描いたら迫力が増したかも。

IMG_4946.jpeg

10)須藤由紀さんは、”象の頭を持つ、ヒンズー教の神様・ガネーシア”で。私も小型のガネーシア神像を持っていますが、こんな大きな像は見たことがありません。出来栄えも凄いですねえ〜!!

IMG_4943.jpeg

11)照沼憲子さんは、真っ赤なピノキオ?の木像やドレスシューズ?などを配置。あらら〜着色する時間なかったの?うまく仕上げてね。

IMG_4933.jpeg

12)京谷泰子さんは、とても愉快な”ほのぼの系”民芸品で。右端のインク汚れが残念ですが、上手に描かれましたね。

IMG_4936.jpeg

13)大森千恵子さんは、珍しい”腕を組んだアイヌ夫婦?の木彫り人形”で。温かみのある見事な出来栄えですね。

IMG_4932.jpeg

そんなわけで、参加された皆様お疲れ様でした。途中退席された金澤さん〜お大事に!

来月は7/19(金)10~12:30に開催。テーマは「駄菓子とオモチャを描いてみよう」です、駄菓子は各自持参。オモチャはこちらでも用意しますが、持ち込み歓迎です。

それでは来月の教室でお会いしましょう!!

nice!(1)  コメント(0) 

「風鈴祭り」と「あじさい祭り」と夏至と満月と・・ [歴史・レトロ・旅行]

今日はチャコさんを連れて10日ぶりに、ご近所のアジサイ寺・長松院へ。

15日から正式に「あじさい祭り」が始まりました。

IMG_4898.jpeg

IMG_4900.jpeg

あじさい祭り」と共に「風鈴まつり」も始まりました。

参道に沿って設けられたヨシズ張りのトンネルに吊り下げられた無数の風鈴が、風にそよいで優雅な音色を奏でておりました。何とも風流な催しではありませんか!!

IMG_4908.jpeg

IMG_4905.jpeg

一方、アジサイの方は、先日よりもさらに鮮やかに!!

IMG_4917.jpeg

普段は閉じられている格調高い山門(正門)を、道路側から見てみると・・・

IMG_4915.jpeg

何とも見事な佇まいで、思わずスケッチしたくなりました。

IMG_4918.jpeg

風鈴とアジサイを拝見して”娑婆”に戻った後は、ちょっぴり遅めのランチタイム。

ジョイフル本田の「プレストンカフェ」で、ピザとサラダボウルを美味しく頂きました。

IMG_4922.jpeg

今日は蒸し暑かったですねえ。いよいよ明日は「夏至」と「満月」の到来!

6月の満月には「ストロベリームーン」というロマンチックな愛称が。ちなみに昨夜10時頃の月を望遠レンズで覗いてみたら、左側が幾分欠けておりました。果たして本番が楽しみです。

IMG_4894.jpeg

IMG_8796.JPG

nice!(1)  コメント(0) 

夫婦で祝う〜「父の日」?? [ライフスタイル]

昨日は、母の日よりず〜っと影の薄い〜父の日

どこかでお祝いしようよ!〜とのことで、いつもの水戸京成デパートへ。

ランチは9階レストラン街の蕎麦屋「泉」さんで。

運良く、窓から千波湖や水戸の市街地、その先には県庁ビルが一望できるスペシャル席に案内されました。

IMG_4819.jpeg

IMG_4820.jpeg

その後は7階催事場で開催中の「頑張ろう能登!金沢・能登の物産展」を覗いてみることに。

IMG_4829.jpeg

知り合いのマネキンIさんの紹介で藍染衣料品のブースへ立ち寄ると、如何にも涼しげな藍色のワンピースがずらり〜!!

IMG_4826.jpeg

藍染め技法には以前から関心があったのでお店の方にいろいろ伺っていたら、こちらの伝統織機で実演までしてくれました。高級品はこのように手織りで仕上げるんだとか。他にも原料となる植物・藍の栽培や、染め付け技法など詳しく説明して頂き〜大感激〜!!

IMG_4821.jpeg

なんと〜彼は、「染工房石田」の若き3代目・石田貴将さんでした!

その後チャコさんがどうしたかは〜ヒ・ミ・ツ ?

IMG_4832.jpeg

その後も会場を巡っていたらこんな看板が〜!?

如何にも百万石の城下町・金沢らしい豪華な「金箔ソフトクリーム」を毎日50個限定販売しているというので、951円という破格の値段にもめげず、普通のものと合わせて購入!

IMG_4827.jpeg

わお〜!まるで、黄金マニアの関白・秀吉公になったような気分に。父の日だから、まあいいか〜!

他にも好奇心旺盛な若いカップルたちが嬉しそうに金箔ソフトを手にしておりました。

IMG_4828.jpeg

かくして父の日を夫婦で祝うという、楽しくも物好きな?一日が終わりました。

nice!(1)  コメント(0) 

アナベル〜今度こそ!? [自然・生物・環境]

曇り空のハッキリしないお天気でしたが、午前中の用事を全部片付けてから、大好きな「うどん吉兵衞」でとても美味しく腹ごしらえ。

IMG_4766.jpeg

一週間前にチェックした大輪の白いアジサイ・アナベルのその後の様子が見たくて、またまた海浜公園へ徘徊ウオーキング。

そうしたら自治会副会長さんと、ばったり!! 一緒に古民家ボランティアを〜と勧められましたが、残念ながら今の私では足手まといになるだけ。(涙)

IMG_4768.jpeg

IMG_4770.jpeg

アジサイ園のある「ひなの林」に来てみると、わお〜見事に大きくなっているでは!?

IMG_4776.jpeg

IMG_4787.jpeg

見応えある大輪の白い花々が、惜しげもなく咲き乱れて凄いことに!!

IMG_4782.jpeg

他の品種もこの通り〜!!

IMG_4784.jpeg

IMG_4785.jpeg

記念の森レストハウスでは、私にしては珍しく「海浜公園ブレンドコーヒー」を注文。フルーティーで透き通った喉越し!さすがにスタッフさんが時間をかけてドリップしただけに、我が家の「デロンギ」で高速抽出したコーヒーとはまるで別物の上品なお味でした。

IMG_4790.jpeg

毎々ふらつきながらも〜足の向くまま、気の向くまま。どうせなら、残りの人生を大いに楽しみ尽くさないとネ?

nice!(1)  コメント(0) 

ご近所のアジサイ寺・長松院へ [歴史・レトロ・旅行]

この時期、見事なアジサイを見るなら、東海村石神内宿にある曹洞宗の禅寺「長松院(ちょうしょういん)」がお勧め。駐車場の周りも、ぐる〜っと大輪のアジサイに囲まれており、否が応でも期待が高まります。

本堂右手方向の立派な塀に沿って広い参道を進むと、やがて無料で拝見できる「アジサイ園(寂光苑)」が見えてきます。ご近所に、こんなにも格式の高い禅寺があったんですねえ。まるで鎌倉へお寺巡りに行った気分になります。

IMG_4719.jpeg

IMG_4722.jpeg

IMG_4720.jpeg

あじさい園の入り口は2ヶ所設けられております。

IMG_4723.jpeg

周りは色とりどりの大輪のアジサイで埋め尽くされ〜実に見事!!

IMG_4724.jpeg

IMG_4731.jpeg

園内を巡って、こちらの石段を下っていくと・・・

IMG_4732.jpeg

昼なお暗き窪地に曰くありげな石碑類が並び、急な石段の先には「北向不動尊(あじさい堂)」が!

IMG_4734.jpeg

6月15日から1ヶ月間行われる「あじさい祭」では、期間限定御朱印が頂けるのだとか。

左手の緩い石段を登って元の道へ戻ります。

IMG_4735.jpeg

途中、禅問答のような?不思議な名前の付いた庭石も。

IMG_4736.jpeg

園内を一周して、もう一つの門から出て元の参道に戻ります。

IMG_4740.jpeg

IMG_4742.jpeg

IMG_4743.jpeg

奥に見える立派な山門が正門なのですが、特別の日を除き終日閉鎖とのこと。山門と満開のアジサイとが相まって実に素晴らしい光景を醸し出しておりました!

IMG_4744.jpeg

本堂は奥に聳え立つ建物で、その手前の書院脇には白砂と岩でシンプルに表現された石庭も。まさに格式の高い禅寺ならではの非日常的佇まいでした。

IMG_4746.jpeg

さらに広大な墓域の奥には、約530年前に同寺を建立した石神城主・小野崎氏の歴代霊廟も。墓碑は風化を防ぐため正面の覆堂に納められ、左側の石碑には小野崎氏が遭遇した厳しい時代背景が、詳しく刻まれておりました。

IMG_4749.jpeg

如何でしたか? 単にあじさい見物だけでなく、禅寺独特の雰囲気や地元の戦国時代の歴史も学べて、タイムスリップ気分?も味わえます。6月15日からの2ヶ月間は「風鈴まつり」も開催されるそうですよ。

最近は筋力の低下であまり遠出しなくなりましたが、それでもめげずに近場で好奇心を満たしております。

nice!(1)  コメント(0) 

シャラが咲いた〜!! [自然・生物・環境]

今朝、庭に出たら、シンボルツリーのシャラ(沙羅)が一斉に開花しているでは?!

IMG_4642.jpeg

1月に剪定をしたばかりで、あまり期待していなかったので嬉しい。

IMG_4643.jpeg

IMG_4651.jpeg

おまけに、庭の隅で雑草のように居座っているワイルドストロベリーも、赤い実を付け始めちゃって。

IMG_4646.jpeg

どうでもいいようなささやかな喜びを、頂き物のメロンでお祝いしちゃいました。( ◠‿◠ )

IMG_4647.jpeg

nice!(1)  コメント(0) 

「花しょうぶ」と「アジサイ」〜どちらも見たい! [自然・生物・環境]

今が旬の「花しょうぶ」と「アジサイ」を見に行きました。

先ずは「馬渡はにわ公園」の花しょうぶ園から。

例年6月半ばが見頃なので、まだ早いかな?と思いましたが、到着してみると予想以上に咲いており、大勢の見物人が色とりどりの大輪の花々を愛でておりました。

IMG_8785.JPG

IMG_8777.JPG

IMG_8774.JPG

IMG_8781.JPG

IMG_4616.jpeg

カエルたちの合唱の中、他にも「ホタルブクロ」や「睡蓮(スイレン)」との出会いも。

IMG_8768.JPG

IMG_8784.JPG

次いでその足で、いつもの海浜公園へ。

「みはらしの丘」の麓にある「ひなの林」でアジサイが咲き始めたそうな。

IMG_4623.jpeg

ここでの主役「アナベル」という品種は、純白の小さな花びらが密に集まった大きな集合花で、とても見応えがあります。

でも今はまだ咲き出したばかり。もう少し経ってから出直そうかな。

IMG_4636.jpeg

IMG_4627.jpeg

せっかくなので、他の”色付き品種”もご覧ください。

IMG_4631.jpeg

IMG_4625.jpeg

IMG_4632.jpeg

ノルマを果たした後は大好きな「記念の森レストハウス」でクールダウン。私ゃ〜ここで癒されたくて、暇さえあれば海浜公園巡りをしているのかも。半病人の私にとって”オアシス的存在”です。

IMG_4640.jpeg

IMG_4637.jpeg

nice!(1)  コメント(0) 

湊線阿字ヶ浦駅周辺にて [歴史・レトロ・旅行]

空き時間を利用して、湊線の終着「阿字ヶ浦駅」へ立ち寄ってみました。

IMG_4577.jpeg

殺風景な駅舎は、今から17年前にスケッチした頃と変わり映えせず、まるで時間が止まったみたいでした。

IMG_0002.jpg

それでもホームには、ありがたそうな看板が立っていたりして・・・。

IMG_4562.jpeg

構内には、古いジーゼルカー(キハ222)を御神体?に見立てた「ひたちなか開運鐡道神社」なる新名所も?ちなみに鳥居は鉄道レールで作られたというのですが、これって単なるウケ狙いじゃないの??

これから先、湊線が海浜公園まで延線されたら阿字ヶ浦駅はどう変身するのやら? それまで私ゃ〜生きておられるかどうかの方が問題かも?

IMG_4563.jpeg

近くの鎮守の森の中には水戸光圀公ゆかりの神社として、近年知名度アップ中の「掘出(ほりで)神社」が鎮座しています。

IMG_4565.jpeg

江戸時代、この付近の古墳から出土した埋蔵品を祀った神社で、藩主の光圀公に報告したところ、ったらお宝がたからということで「ほりで神社」と命名されたそうで、殆どダジャレ〜!(笑)

IMG_4566.jpeg

境内には古墳の石室の一部が「鎮め石」として大切に保存されておりました。

IMG_4567.jpeg

そして、すぐお隣の「ほしいも神社」へ。ここも堀出神社の宮司が神職を兼ねています。

IMG_4570.jpeg

こちらには、干し芋を模した金ピカの絵馬がズラリ〜!!

IMG_4571.jpeg

令和元年に創設されたばかりの真新しい神社には、これまた黄金色の小ぶりな鳥居がズラリ〜!!

IMG_4572.jpeg

本殿右手上の、掘出神社境内端の森にも何やら不思議な光景が?! 〆縄で繋がれたタブの巨木が男根(右)と女陰(左)に見えるそうで、「陰陽の神木」として新たな名所に仕立てられておりました。利用できるものは何でも利用してやろうという性根(商魂?)がすごいです!

ともあれ、辺りは全て黄金色(干し芋色)尽くし〜!!!

IMG_4573.jpeg

IMG_4574.jpeg

駐車場を兼ねた境内?には、干し芋販売所とカフェを備えた常駐の施設も。そして矢印の方向には・・

IMG_4575.jpeg

大海原を遥拝するための金色鳥居が燦然と輝いて建っておりました。

IMG_4576.jpeg

本日のランチは「うどん吉兵衞」で。いつもの事ながら、と〜ても美味しかった〜!!

IMG_4611.jpeg

nice!(1)  コメント(0) 

今年のオオウメガサソウを激写! [自然・生物・環境]

先日は「沢田遊水池ガイドツアー」の後、思わぬアクシデント(歩行困難)で「オオウメガサソウガイドツアー」に参加できませんでした。(涙) なので晴天の今日はリベンジということで、午前中の空き時間を利用して駆け足で出掛けてきました。

平日のガイドツアーは午前11時で終了なので気を取り直して、勝手知ったる「ひたちなか自然の森」を徘徊してみることに。

IMG_8767.JPG

森の中の遊歩道を歩いていると、早速「イチヤクソウ」の群生に遭遇!!

IMG_8764.JPG

IMG_8766.JPG

背丈は5~10cm程度で、「オオウメガサソウ」のように絶滅危惧種ではありませんが、同じ時期に白い小花を咲かせる希少植物です。

IMG_8761.JPG

IMG_8756.JPG

遊歩道の一角に「オオウメガサソウ観察エリア」が設けてあるので覗き込んでみると・・

IMG_8747.JPG

小ぶりながらも幾つもの花が、恥ずかしそうにうつむき加減に咲いているのを発見!! これぞ「森の妖精」と称される所以です。

オオウメガサソウは北方系で海浜公園が南限という絶滅危惧種の草状小低木なんです。こんな貴重なものが我が街の森の中で長い間人知れず生息していたなんて、とても信じられませんよね。

IMG_8748.JPG

IMG_8746.JPG

咲き始めた頃は花が白いのですが・・

IMG_8737.JPG

見頃になると”ウメ”の名にふさわしく淡いピンク色を呈してきます。

IMG_8743.JPG

IMG_8750.JPG

そんなわけで今年もどうにか「森の妖精・オオウメガサソウ」と出逢うことができてラッキーでした。

nice!(1)  コメント(0) 

「沢田湧水地」でオゼイトトンボと出会った! [自然・生物・環境]

午前中、海浜公園で10時半からの「沢田湧水地ガイドツアー」に参加しました。

西口ゲートから、活動拠点となる「ネイチャーハウス」まではかなりの距離があり、半病人の私には苦役でしたが、途中何度か休みながら頑張って到着

今回の目的は、県指定絶滅危惧種「オゼイトトンボ」に出逢うこと。それには午前中の方がチャンスがあると聞いたことがあるので、もう一ヶ所でやっている「オオウメガサソウ」のガイドツアーを後回しにした次第。

IMG_8733.JPG

他の参加者さん5名と共に、普段は入れない湧水地エリアを案内して頂きました。

IMG_8695.JPG

IMG_8698.JPG

中でも小学1年の女の子は好奇心旺盛で大はしゃぎ!!

IMG_8719.JPG

この日は予想通り何種類かのトンボが飛び回っていたので、早速持参した一限レフカメラの出番が!!

こちらの唐辛子のような「ショウジョウトンボ」は、周囲が緑一色だけに目立ち過ぎ〜!?

IMG_8710.JPG

期待していた「オゼイトトンボ」が群れをなして飛び回っておりました!!鮮やかな水色が目を惹くのですが、極細な体にフォーカスを合わせるのが大変。それでも数打ちゃ当たるという感じで〜うまいこと撮れました!!

IMG_8706.JPG

IMG_8715.JPGIMG_8722.JPG

他にも名前は分かりませんが〜こんなトンボも。さほど広くもないエリアに色んな種類の生物が生息しているもの。トンボたちは互いに縄張りを主張して、約1m四方の空間を偵察飛行しておりましたが、地球上の人間社会も似たようなものかも?

IMG_8700.JPG

IMG_8713.JPG

珍しい「シュレーゲルアオガエル」を発見〜!! スタッフさんによれば、繁殖期に交尾相手に恵まれなかったオスだそうで本当にお気の毒。君はこれからどうするの??

IMG_8729.JPG

他にも珍しい植物なども詳しく説明して頂き、感謝&感謝〜!!

ひたちなか市にこんな貴重な生態系が残されているなんて素晴らしいことですし、それを守り続けておられるボランティアさんたちも素晴らしい!!

IMG_8728.JPG

引き続き、今日から始まった「絶滅危惧種・オオウメガサソウ生息地」ガイドツアーにも参加したかったのですが、次の場所まで移動しているうち急に足が前に進まなくなり、残念ながらまたの機会にします。

それにしても、好奇心に見合うだけの脚力が必須だということを改めて痛感した次第です。(°▽°)

nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -